読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

VBAのエディタ

VBAのエディタについて調べてみました

VBAを始める背景

Excelで、A3、4枚程度のフローチャートを作成する機会があったんですが、 やってみると…微修正すると全体がずれる

目に見えない範囲で線の位置がずれていたり、行を挿入しようものなら、破壊的にずれたり、 死にそうになりました

作業をしながら、手作業で苦労するなら、プログラムで苦労したいと思ったので、 現在、フローチャートの整形をするプログラムを作成しようとVBAを勉強中です

VBAのエディタ

最低限VBAの文法も覚えてきましたが、実際に作成しようとするには適切なエディタが欲しいわけです。 ところが、VBAのエディタで探してみても、ExcelにデフォルトでついているVisual Basic Editorを使えというものが多い

見た感じ、違う開発環境を試したくなるような雰囲気はただよっていますが、 Officeに閉じないもので対応すると、Excel以外使えない環境で、不便なので、 Visaul Basic Editorの仕様を調べることにしてみました

VBAの起動

[Alt] + [F11]で起動します。 画面はこんな感じ

f:id:fatal-t-h-f-flydream-bamboo:20160126215111p:plain

イミディエイトウィンドウの表示

[Ctrl] + [G]で表示できます。 標準出力みたいなもの。 Debug.print 変数 で、変数の内容がイミディエイトウィンドウに表示されます

ブレークポイント

ソース上でF9を押下することで、ブレークポイントを設定できます。 デバッグ用に使えます

プログラムの実行

関数を選択して[F5]で実行されます

おわり

VBAまだまだわからん。フローチャート自動化したい