竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

私を構成する9つのアニソン

はてなブログでこんなトピックを発見しました。

トピック「私を構成する9枚」

最近流行っているみたいですね。僕もやってみたくなったので、アニソン中心ですが、紹介します。
『構成する』ということなので、自分にとって、何度も聴きこんで、行動の変化のきっかけや自分の転機になったアニソンを選びます。

Love Destiny

Love Destiny

Love Destiny

アニメ『シスタープリンセス』のOP。
シスタープリンセス』は主人公が12人の妹と一緒に孤島で暮らすラブコメアニメです。 自分にとっては、初めたみた萌えアニメでもあります。その分とても印象に残っています。
今、考えても妹が12人いるという設定は病気だと思いますが、12人全員が適度に個性があり、 セリフ一つ一つが頭を相当にとろけさせてくれてます。

主人公の呼び方が12人全員違っていて、文字としてもですが、言い方も違うので、それを聞いているだけで、幸せになります。

地味に印象的だったのが、主人公が受験に失敗した元エリート学生という設定。 第一志望に落ちた人が多い、進学校にいたので、わかってしまうネタがあったりしてね。

曲の話に戻ると、サビの歌詞、『あいたいあいあいあいあい』は、当時よく口ずさんでました。 癖になっていて、めちゃくちゃ聴きこんだけど、当時は何がいいのかよくわからってませんでした。
このよくわからんけど、やめられない感じが萌えなのか…なんて思ってました。
今、振り返ると、歌っていた堀江由衣さんの声質がすごく好きだったんでしょうね。

サクライロノキセツ

アニメ『D.C.S.S』のOP ゆかりんほっちゃんが歌う挿入歌も大好きなんですが、一番聴きこんでいたのがこの曲です。
DCの曲はすごくいいぞって盛り上がってた時代。

DCについて友達と話しすぎて、気がついたら一日が過ぎていたのは、今でもいい思い出です。 ちなみに、その友達とは今でも仲良くしています。

この曲の聞きどころとしては以下です。

  • はじめのオルゴール音
  • サビ前の盛り上がり方
  • サビの後半のかっこよさ

エレキギターとシンセが綺麗に重なっていて、今、聞き直してもテンションあがります。

約束の場所へ

約束の場所へ

約束の場所へ

アニメ『カレイドスター』のOP。 この曲を知るきっかけもまた特殊でした。 ある旅行で、飛行機にのっており、なんとなしに、つけた飛行機内の番組で知りました。 聞いた瞬間に、これはいい曲だと思ってチェック。アニメタイアップなことも知りアニメも見ようと決意したのです。

まさか、その後、カレイドスターにどはまりすることになると思いませんでしたが…。 カレイドスターというアニメ自体もとてもよかったのですが、カレイドスターはラジオとラジオを通して、声優さん、スタッフの皆さんに興味を持つきっかけとなったアニメです。

曲は明るく、まっすぐ、まさに『やってやれないことはない』、自分の夢へまっすぐ進もうという王道アニソン。 さらに、アニメ最終話ではキャラバージョンのこの曲が流れ、カレイドスターというアニメを代弁しているように感じました。 そういう意味でもこの曲はまさにアニソンです。

夏影

AIR オリジナルサウンドトラック

AIR オリジナルサウンドトラック

AIRのBGM。 ピアノ演奏曲が好きだと自覚した曲です。

毎年夏になると聞く曲。何回聞いてもいいんですよね。 子供の時に失った夏の楽しさ、夏休みのワクワク感を味わうようで、たまらなくなります。

AIRのアニメでも、観鈴国崎往人がじゃれあうシーンで流れるんですが、昔こうして、遊んだなという懐かしさが漂っていて、涙が出そうになります。

いろんなバージョンがあるのも特徴的で、茶太さんが歌っているものやユーロビートアレンジすらあります。

Tears Night

ALIVE&KICKING

ALIVE&KICKING

ノンタイです。水樹奈々さんの歌です。

水樹奈々さんのElements Gardenが作曲している中で最も古いものです、 当時、水樹奈々さんにはまりかけており、これを聞いて感動したのを覚えています。

Elements Gardenを初めて認識し、好きになり、そして、全部同じ曲に聞こえ、最後に敬遠するようになった、そんな曲です。

この曲をきっかけで、作曲者を意識するようになりました。

Little Braver

Little Braver

Little Braver

アニメ『Angel Beats!』の挿入歌。 アニメでもいいんですが、本当にいいと思ったのはPV。 歌うのがすごく好きそうで、アニソンで見たことのないタイプに見えました。

LiSAさんのファンになり、ライブに行くようになったきっかけの曲です。

コネクト

コネクト(アニメ盤)

コネクト(アニメ盤)

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のOP。 関東大震災の時に、このアニメとOPを聞きながら、幸せとは何かを考えていました。 多くは語りませんが、結論として、この曲が暗唱できるようになり、声優や作り手のイベントに行くようになりました。

瑠璃の鳥

瑠璃の鳥

瑠璃の鳥

ゲーム『殻の少女』の主題歌

一種の中二病感がある病んだ歌ですが、その歌詞とメロディに魅せられました。

この曲を弾きたくて、キーボードを買いました。 弾けるようになった時は本当に感動したものです。

好きな曲はとりあえず、サビだけ、右手だけでも演奏してみようという行動をするきっかけとなった曲です

No brand girls

No brand girls / START:DASH!!

No brand girls / START:DASH!!

アニメ『ラブライブ』の挿入歌

ユニットで紅白出場という時代を作ったユニット、μ's。 そのμ'sでで一番好きな曲です。

アイドルらしい明るさとひたむきさが満ちている曲。 全身全霊に突っ込む感じがすごく好感がもてます

『勇気で未来をみせて、そうだよ、覚悟はできた』 という歌詞に悩んだ時に、力をもらっています。

ファイナルライブ頑張ってください。

余談

今回は構成するということで、自分の血肉として消化されていった昔聴きこんだ曲を中心に選んでみました。

初めて聞いた時に感動した曲9曲や自分が最も好きだった時にどれだけ好きだったかでランキングしても結果は別ものになるでしょうし、 好きなアニメの曲だけでもないんですが不思議としっくりきます。

また、時代背景をみても2000年代後半が全くない。 その当時アニメ/アニソンを聞いていなかったわけではなかったんですが、アニメ中心の生活ではなかったからか、構成していると思える曲がありませんでした。

何かの機会に別の基準で選んだ曲達も紹介したいと思います。ではでは