読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

最低。を読んで思うこと

最低。を読みました。

最低。

最低。

きっかけ

はてなブログを適当に巡回していたら、珍しく小説の感想を見つけた

概要

重い、純度の高い恋愛系の文学。 4つの短編からなる構成

全体的な感想

失礼かもしれないが、普通だったと思う。小説になっていないというわけではないし、小説として奇抜なわけではない。 少しずつ希望を失い、堕ちていくお話し。

文章は物悲しく、苦しみに満ちていて、それが非常に読んでいてつらいのである。

個人的な思い

言の葉の庭と対比してしまうが、別れであっても肯定的であってほしい。
どんどんこれからダメになっていくんだ。ということころで終わらないでほしい。
書きすぎであっても、変に悲しい余韻があるよりは、しっかりと未来に向けた第一歩となるエピローグが欲しいのである。

でないと"あのころはよかったのにな”となって絶望している人たちにしか見えない。

私はあの頃も楽しかったと言って、未来に生きていきたい。

f:id:fatal-t-h-f-flydream-bamboo:20160218232813p:plain

余談

本当は作者の経歴や人柄について語るべきなのかもしれないが、私はそれを語る言葉を持たない。

夢を持って行動していきた。