読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

ギミー!レボリューションは最強の声優ソングである

2/28には内田真礼さんの1stライブがありました.

参加した人、お疲れ様でした。 1stは1度しかないので,さすや楽しかったと思います.

私は残念ながら参加できませんでしたが,ただで終わりたくはありません.

なので,「ギミー!レボリューション」こそが最強の声優ソングという主張をしたいと思います.

最強とはどういうことか

まず,最強の定義をしましょう, 昨今の声優ブームをみていて,声優さんの曲に求められているのは以下の4点だと考えています。

  • 声のかわいさ
  • その人らしさ
  • 合いの手のいれやすさ
  • 演奏のかっこよさ

要は、声優さんが作るピュアな想いを感じれること, そのかわいさに萌える気持ちをライブ中にぶつけられることです.

では,その観点で,ギミー!レボリューションがどうなのか評価してみましょう.

声のかわいさ

昨今のアニソン業界で、女性声優の曲でかわいさのない曲はないと思いますが、 この曲は群を抜いてかわいい.

「レスキュー」、「わお」あたりのセリフを聞いてください. もうまれいたそのあざとかわいさにメロメロになります.

セリフだけじゃなくて,歌詞にも 「めいいっぱい,背伸びしたい♡ はじめての挑戦かもね(ドキドキ」なんてものがあります.

破壊力バツグンすぎですね.

 その人らしさ

内田真礼さんはあざとかわいいのが特徴です。 普通ぶりっこしすぎると,それが鼻についてしまうものなんですが, なぜか.あざといと感じるにもかかわらず,さまになりすぎて,かわいいいいいいいい!!!!!となるのです.

ほんと.鼻につくなんて迷信だったんじゃないかと思うぐらいかわいいです。

この曲でも.セリフとその言い方からあざとかわいい部分がぐんぐん伝わってきます。 特に、「いつも今が最高でしょ、Rady GO」「レスキュー」 の言い方。

がんばってるでしょ、私。これだけがんばってるんだからみんなものってよねって言われてるようなもんです.

がんばって言われた.うおおおお!がんばるぞ!と馬鹿みたいに叫んでしまいます.

合いの手のいれやすさ

馬鹿みたいに叫びたいと思っても,歌の変な箇所で叫んでも迷惑だし. いい叫び場所がないと気分もしぼむものです.

この曲は.いいタイミングでセリフが存在するので、合いの手を本当に返しやすい。

サビ前の「Growing up! next phase」や「レスキュー」などは.相手から誘ってくれるので、 叫んでテンションを爆発させられます.

曲のかっこよさ

曲がかっこいいと,1度爆発した後に継続してハイテンションでいれます.

どこもテンポがよくたかまりやすいんですが,特に 「いつも今が最高でしょ、Rady GO」後の間奏のクオリティが異常に高い。 キーボードでおしゃれに、その後ギターでかっこよく。
手数も相当多いし、伴奏だけでも魅せる曲の構成になっています。

一般的に、伴奏で魅せる曲は声が負けがちで、聞き終えたときに歌詞が残っていないという状況に陥るのですが、 この曲は聞き終えたときに、歌詞も演奏も覚えており、両方ともに高い完成度であると感じました。

まとめ

ギミー!レボリューションは上記4つの条件を非常に高いクオリティで満たしている. つまり,声でも演奏でもどちらでも人を魅せることができ,なおかつ感情を爆発させられる. まさに,最強の声優ソングである。

はぁ,ライブ行きたかった…。