竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

あさひなぐ

友達に進まれて、一気に読みました。

面白いです。

まっすぐなスポ根

必殺技もなく、真剣に苦しみ、真剣に戦い、そして真剣に負ける。 リアルさがあってとてもいい。 漫画だからねという気持ちにならないこの苦しみがささる。

 万能な人間がいない

ナギナタが強い人はいる。でも強いだけで、他のことはできない、 周りを見る力もないし、ある意味子供。 逆に回りを見れるがゆえに変に気を使ってダメな人もいる、 ガチすぎて、それについていけない人もいる。

すごい人がリアルにいるすごい人ぐらいなんです。

さくさく進む試合展開

一回の時間が短いから、ながながと試合しません。 2,3回で展開が変わっていくので、それが人を飽きさせず、楽しいです。

揺れ動く人間関係

他の学校の部活、自分の部活、どれもが順風満帆じゃありません。 何かつらくて、ギスギスしたり、仲が悪くなったり、各部で違いがあろうとも、真剣に上を目指すなら生まれるような戦いが発生しています。 この苦しみがリアルなのがいい。

わかるぞ、この苦しさという気持ちになり、気持ちがざらざらするのがいいです。