竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

00年代のオタクだと言われた話

先日、自分の部屋にはじめてきた人に言われました。

これ、完全に00年代のオタクの部屋じゃん。

部屋には本/円盤ぐらい.本も

  • IT系専門書40冊
  • 数学系専門書10冊
  • アニメ系の円盤が20枚
  • ラノベ150冊

他の本やCDは電子化し、残したいものだけが残った状態です.

円盤も、カレイドスターまどか☆マギカぐらい。 本もCLAMPの漫画,ウィザーズ・ブレイン、DDD等。 実際今買っているものが90、00年代から始まったものが多いのは事実です。

エロマンガ先生や、ガンゲイル・オンラインは最近のラノベじゃん。 物語シリーズだってさと無駄に主張たくなります.

でも.実際、自分は00年代にオタクになって、その時代にアニメを好きだった人間なんですね。

一応言っておきますが、00年代だから全てが好きなわけじゃない。 その当時によくみられた,守った感じのない全力で自己主張する作品達が大好きです。

  • カレイドスターの体当たりの全力感。
    そらの一生懸命さ、レイラさんのかっこよさ。 そうしたアニメ内の雰囲気はもちろん.その後のラジオ,OVA,イベント等で感じる アニメスタッフ全員でコンテンツを作っていっている感.

そういう一生懸命に新しいものを作ろうとしている雰囲気が大好きです。

逆に、最近のアニメではそういう泥臭さが感じない作品が多い.

きんモザごちうさみたいに癒やされる作品が多いように思います.

だから、最近のアニメを見る本数も減っている.

しかし、部屋にきて、一言目で言われたがとても印象的でした。

ロートルだという証明かもしれませんが、自分の好きなモノを裏切ってもしょうがないので、こういうものが好きなんだよ。 今の○○ももちろんいいと思うけどね。というスタンスでいきたいと思います。