読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

8月の目標

雑記

8月になりましたね。

7月の目標を振り返りたいと思います。

まず、10記事を書くことですが、これは全然達成できませんでした。

理由を書いていきます。

最近真剣に数学をしているから。

数学の記事をはてなブログに書くのはかなり難しいのです。

自分がTeXで論文やレポートを書くのと同じ表現がはてなではできません。 特に、可換図式は表示されないので、他のもので代用する必要があります。 以前、数式等を画像としてはりつけながら資料を書いていましたが、実際にこれらの記事を作成するのは量に対して大変時間がかかります。

また、数学の記事は最初から最後まで繋がるので、texで書くと10ページになるものがあり、それを要約しようがないからです。もはやそれを要約するのであれば、定理だけ書くのと何も変わらなく感じます。

きちんと証明を書き、性質を確認してきた道具で一番言いたい定理をきれいに示す。

そんな数学の論文の王道ははてなブログには長過ぎます。

そのため、数学系の記事を諦めました。

人工知能の論文を読んでみても紹介する気になれなかった。

論文を読んでも正しいのか全くわからないんです。 いくつか読んでみましたが、だいたいの論文がこんな流れでした。

  1. 今までの技術にはこんな課題があった
  2. これを使えば解決できるという仮説を立てた
  3. 実験してみたら、改善されたという結果が出た

論文だけ読んでる身からすると、こうなるわけです。

  • 今までの技術にはこんな課題があった
    ⇒どこから、そこまで確認できるのか、わからない。

  • 実験してみたら、改善されたという結果が出た
    ⇒仮設から演繹的に議論していないから、正しいことの証明が論文から追えない。 なおかつ、実験するための環境があるわけでもないから、データをいじることもできない。

相手の言うことを一方的に信じることしかできず、自分にはそれが正しいとも革新的だとも評価することができないわけです。

自分が同じような研究をしていたら評価できるかもしれませんが、これだと意見できないと思って、諦めました。

やろうと思っていたことをさぼったというよりは、やろうとしたことのアウトプットがはてなブログにしづらいものだったので、減ったという分析です。

Ruby SilverやOpenstackの勉強はできたし、Haskellは眺めたレベルだけど、数学はかなり勉強したので、個人的には満足しています。

8月の予定

今月は技術系を維持、改善しつつ、応用系の数学を中心に勉強します。 情報幾何やTDAがDeepLearningやデータ分析に役立つと確信しているので、 継続していきます。

Atom改善

  • 本読む
  • TeX(数学甩)のパッケージ作成

Ruby力強化

  • Paizaの問題解く
  • Nokogiriソース(1ks)を読む

数学力強化

応用数学よりの理論のより高度な復習と、純粋数学の知識を維持したいと思っています。

Deep Learning

音楽系のレコメンドの応用例を調査して、まとめる

はてなでは

数学の重い記事は書けません。

しかし、月10回ぐらい文章をアウトプットするのは文章を書くという意味で非常にいいと思っています。

なので、今月は、軽めの技術系記事

  • 音楽系のレコメンド調査
  • 東北大の院試を解く
  • Atomの改善
  • Nokogiriの一部

これらを書くことに加え、自分の考えをまとめて雑記みたいなものを発信しようかなと思います。

ふと思ったけど…みたいな話は今書いておかないと忘れるし、数学の雑記も書いておきたいし、本の感想なんかも書こうかなと思います。