読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~ in 横浜アリーナ参加してきました。

アニソン ライブ LiSA

半年ぶりにLiSAライブに参加してきました。

www.lxixsxa.com

場所は横浜アリーナ。 5年前からファンの人間としては,アリーナを埋められるレベルになったのは本当に感慨深いものです。

今回もとてもよかったので、よかったと思うところを紹介します。

物語性

今回のLiSAのライブはLiSAライブでは初めて物語調でした。 ライブの開始では、二人の姉妹が喧嘩して仲違いして、別々に行動する動画が流れるところから始まる。ライブもMCを少なくして、動画がどんどん進む。

これの何が面白いかというと、ストーリがライブに存在したことで, 珍しい曲が流れたり,曲自体に新しい解釈が発生した。

例えば、以下の2曲。

  • 僕の言葉で
  • 変わらない青

ほんっとに久しぶりの『シルシ』以外のバラード. 僕はLiSAのバラードも大好きだったので、とてもうれしかった。 おそらく、『シルシ』は強すぎて、終わりを感じさせるからかと予想しました。 逆に、『僕の言葉で』、『変わらない青』はつい、やりすぎったことに対する反省 や後悔、大事な存在への思いを歌っているように聞こえて、雰囲気的に最適だったように感じた。

上の二曲はただほんのりと切ない、バラードというイメージだったので、 完全にイメージが変わった。

他も

  • Bright FLIGHT

いがみあった二人が仲良くなった曲。 その時の明るさを表現するためか、原曲よりもテンポがゆっくりだった気がする。

  • Hi Five

物語のハッピーエンドのシーンで流れたこの曲。 ただのかっこいい曲というイメージからハッピーエンドを祝福するような明るい喜びを表すイメージになった。

こうした、新しい解釈が生まれたらどうなるかというと、さらに曲が好きになりました。 実際に物語の一部という狭い領域を受け持ったことで、その曲からかなり具体的なイメージを感じるようになったのです。 本当にテンションがあがった。

LiSA自身の持つ歌のクオリティの高さ

久しぶりのバラードを聞いて確信したんですが、明らかに歌うまくなってます。

バラードでの高音の安定感だって素人の自分が聞いてわかるぐらいうまくなってるし、 他の曲もずっと動きまわっているにも関わらず、全くぶれてるように感じない。 歌だけみてもうまくなっているとわかるのに、それだけじゃなく歌と合わせてギターをいれたり、楽器も挑戦。

明らかに音楽として完成度があがっている。 トップアーティストとはそういうことなんだなと思いしる安定感を味わえました。

ライブ自体の価値

僕はLiSAのライブが作る空気感がとても好きです。 自分らしく生きて,人間関係が悩みながらも夢をみて,それでも、毎日を肯定して、 前に進むLiSAのその姿見れることが非常に好きです. LiSAと一緒に盛り上がろうとしたくなる空気が非常に好きです。

単に曲を聞くだけなら最高の音を重ねたCDには勝てないのかもしれない. でも、ライブに参加して、肌で、カッコいい曲とその曲を歌うLiSAを感じることで 勇気をもらえました.

ライブに参加した後、今日もいい日だ,明日からも頑張ろう. 本当にそう思えるのです。

だから僕はLiSAのライブを疲れている人にこそお勧めしたい。

今回も元気をもらえました。明日からまた、自分も頑張ろう.