読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹林のゆとりブログ

山奥で生活し、日々の思いをつらつらと書くブログ。 IT、数学、アニメなど。

2016年の振り返り(アニメ編)

アニメ 目標/振り返り

2016年も終わりということで

今年見たアニメ,漫画,ゲーム,小説を振り返ってみます.

せっかくなのでランキング形式で振り返りたいと思います.

注) 今年僕がみた,やったものを書いてあるので,2016年に発売されたものとは限りません.

10位 グリザイアの果実

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- - PS Vita

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- - PS Vita

さすが売れたゲームという完成度. 絵がきれい,OPがかっこいいことはもちろん, 声優もすごく豪華. 特に小嶺幸の声が大好きで,『この小嶺幸』を聞くだけでおお!とテンションがあがりました.

シナリオは小嶺幸ルートと周防天音ルートが好きです.

9位 僕のヒーローアカデミア

新しいヒーロ像を定義する作品. ヒーロとして持つ正義の重さとアンチヒーロイズムが読んでいて気持ちいい. 今後,どう終わらせるのかが気になる作品です.

8位 クオリディア・コード

00年代PCゲーム感のあるアニメ. 誰のため,何のために戦うのか,正しさって何? みたいなのを今風に問い直したアニメ. 僕の好みをリメイクしてくれた感があってよかった.

個人的には,以下が最高なので,見直したい.

  • 最終話の能登さんの演技
  • 悠木碧さんの戦闘シーンの演技
  • OP

7位 微熱空間

微熱空間 1 (楽園コミックス)

微熱空間 1 (楽園コミックス)

蒼樹うめ先生による,ほんわかラブコメ

少し天然ながらも,まっすぐな義理の姉弟の共同生活. 読むと(・∀・)ニヤニヤします. ほっこりしたい気分の時に読むと幸せになること請け合いの作品

6位 ロード・エルメロイII世の事件簿

Fate/Zeroのスピンオフ. ちゃんとFateの世界を保持しながら, 独自の世界を築いているのが◎

特に聖杯戦争に対する思い入れの強さと 主人公の弱さが生々しいのがリアルです.

5位 やがて君になる

百合漫画. 人を好きになる描写と好きな人を大事に思う描写 がすごく生々しくてドキドキする作品.

百合関係なく,読んでてドキドキでき, まだ3巻しか出ていないので,是非読んで欲しい作品です.

4位 掟上今日子シリーズ

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

ドラマにもなった推理モノ 西尾維新先生の作品はどれも癖があり, 妙に長いセリフや意味深なセリフがたくさんあるものですが, この作品はそういうものがありません.

だから,非常に読みやすい.でも,設定がちょっと異常なあたり,西尾維新先生の作品です. その異常さの塊である掟上今日子さんが鮮やかに問題を解決していくので 推理モノにありがちなものぐらさがなく読んでいて爽快です.

3位 ワールドトリガー

2016年評価が一転した漫画.まさに遅効性SF 戦略的,政治的に戦い,勝ちを目指す作品. ゆっくり状況を読み込みながら考えると面白い.

何度でも読み返したくなる.

2位 ワールドエンドエコノミカ

同人ゲーム. マネーゲームの極限に至る作品. 天才的な数学力を持つヒロインと感情や証拠を基にお金を稼ぐ主人公 のラブコメ.

リーマンショックを経験している人間には笑えない気がします. 『この世界は異常なんだ』を肌で感じれる作品.

1位 冴えない彼女の育て方

好きすぎてつらいです. 全ヒロインがかわいくてしょうがない. 7巻で苦しみながら戦う英梨々も,10巻で全力で主人公を否定する詩羽先輩も, FD2で絵について悩み語る出海ちゃんと真由も,アニメで空色デイズを歌う美知留も, 11巻でついにデレる加藤恵もかわいくてしょうがない.

一生懸命不器用にまっすぐなヒロイン達が,ものすごく好きです.

総括

ふりかえって見ましたが,ちゃんと好きなものを消化していった一年でした. 好きなイベントはきちんとお金と時間を割いて参加し.おもしろいものはちゃんと買った.

大事なものを大事といいづけたいので,作品の感想はゆっくりとですが書いていきたいと思います.

2017年の抱負

2017年は他が忙しいので,本やゲームをプレイする数は減ると思います.

でも以下の3つをやりたいと思います.

積みゲー消化

自分が好きだったものについて文章を残す

イベントの忘備録を書く

自分の好きなものを好きといえる世界に向け,これからもよろしくおねがいします.